RagnarokやDOOM3などの最新PCゲームを中心に好き紹介、勝手語りまくります!


by pcgamer

[考察]OPeNBooK→ビバリウム

新生OPeNBooKがビバリウムに吸収合併されたそうですねー
なぜビバリウムに吸収されたのかを個人的に考えてみました。
そもそもビバリウムとは何の会社でしょう?

その昔Towerを開発したOPenBookと
アクアゾーンを開発した9003が合併し
OPenBook9003を設立しました。
その後OPenBook9003がシノミクスに社名変更と同時に
斉藤由多加さん(Tower作った人)が会社辞めてしまいます。
(それと当時に著作権上の理由ということで
Towerの開発・販売が中止になってしまいます。 )

その後斉藤さんがSEGAのドリームキャストでシーマンを開発し
そのときの会社が今のビバリウムの始まりです。

そして今、シノミクスから旧OPenBookの社員が独立して
新生OPenBookを作り、その後ビバリウムに吸収されています。
ということは、現ビバリウムの中身は
丸ごと旧OPenBookなのではないでしょうか?
新生OPenBookの社長がTower作った人のほうが
リーダーにふさわしいと感じ
社名をビバリウムにしたと考えるのも一理あるかと。

その気持ちわからないでもありませんが個人的には
OPenBookの名前でビバリウム吸収してほしかったです。
あえてOPenBookの名前を残さなかったという事は
Tower作った人がOPenBookに恨みがあったのでしょうか?
自分の作った商品封印して会社辞めるくらいだし
そうとうゴタゴタがあったのかもしれませんね。

ちなみに4月28日に発売されたThe Tower SPは
発売後予想外に売れたらしくGWには在庫切れの状態が続いていたそうです。
[PR]
by pcgamer | 2005-05-31 08:56 | etc